伏木国分海岸の水深1.5メートルの砂地
タツノオトシゴがうろうろしていました。