「伏木けんか山」とは・・・
 伏木はその恵まれた立地から、天平の時代には越中の国府が置かれ、近世以降は港町として繁栄してきました。伏木曳山祭りは、海岸鎮護・海上安全の神である当伏木神社の春季祭礼として毎年5月15日に行われます。
 
 曳山祭りでは、昼には威勢のいい掛け声とともに練り歩く花山車や、神輿の巡行に供奉する子供たちの母衣武者行列が見られ、夜には提灯山車が目もくらむような激しいぶつかり合いを繰り広げます。

町の中に「イヤサー イヤサー」の掛け声が響き渡っています。
伏木のけんか山の特徴としてもう一つ
昼の花山車 夜は提灯山車とお色直しします。違った雰囲気になります。
そして、夜には、激しくぶつけ合いを行います。

夜また見に行ってきます。