「季節回遊魚」以前は、死滅回遊魚と言われていました。
南の方の魚が卵を産んで、その卵が海流に乗って北上
生まれたところで生活を始めるのですが、水温低下によって死滅してしまう魚です。

ちょっと考えると悲しい一生なのですが、今の越前海岸では、一生懸命泳いでいます。
夏の終わりから秋 冬の初めにしか見ることのできない魚を見に行きましょう。

本日の越前ボートダイビングでの写真です。